HIV/AIDSは看過することができない重要な課題であると判断した日本カトリック司教協議会は1995年からHIV/AIDSに関する啓発活動に取り組んできました。


1995年6月
常任司教委員会にて研究グループ「エイズ問題を検討する会(仮称)」が発足
1996年12月

司教協議会・HIV諸問題検討特別委員会(委員長・押川司教)主催「第1回HIV/AIDS問題講演会」開催

1999年6月
定例司教総会に「新しい苦しみに主導的役割を―HIV/AIDS問題で司教団に提言」という文書をHIV諸問題検討特別委員会が出す
2001年
HIV諸問題検討特別委員会が小冊子「HIV/AIDSと私たち」を発行
2003年4月
HIV/AIDSの問題は見過ごすことのできない重要課題であり継続 的に活動する必要があると考え、司教総会は「HIV/AIDSデスク」として社会福音化推進部内の「社会福祉委員会・カリタスジャパン委員会」(現:社会福音化推進部内カリタスジャパン)の中で活動を継続することを決定
2005年7月
小冊子「HIV/AIDSと性教育」を発行
2007年
カトリックHIV/AIDSデスク オリジナル レッドリボン ロゴ完成
2010年2月
臨時司教総会で、カリタスジャパンの組織変更が承認される
2010年9月
カリタスジャパンから独立し、社会福音化推進部内で活動開始
2012年1~6月
HIV/AIDSに関するアンケート調査実施
2012年12月
小冊子「HIV/AIDSについて話したことがありますか」を発行
2013年3月
かながわレッドリボン賞 受賞

※かながわレッドリボン賞とは
HIV感染拡大防止と感染者に対する偏見や差別のない社会をつくるために、神奈川県エイズ対策推進協議会が平成8年度に設けた賞で、神奈川県内においてエイズの正しい理解と支援について普及・啓発に努めてこられた個人や団体の方々を表彰するものです。

2017年7月
小冊子「HIV/AIDSについて話したことがありますか」改訂版発行
2017年11月
第31回日本エイズ学会に参加(展示)